あなたの含み損を市場は知らない

スポンサーリンク

毎日19時更新にしようと思っていたが、昼寝してたら早速失敗した。

書き溜めって必要だね。

本題に入る。

「今の水準では買えない」というのは投資家がよくする表現だが、サンクコストにとらわれている。

あなたがいくらで買ったかを気にしながら市場が動いてくれることはない。

保有する理由は今後値上がりすると思うから。

それだけである。

安く買ったとしても、今の水準では買えないと思うくらい、今後値上がりしないことが予想されるならば、保有すべきではない。

逆に、今後も引き続き保有すべきだと思うなら、今の水準でも買うべきだということになる。

サンクコストにとらわれないことでより合理的な判断ができるようになるが、デメリットもある。

「高い教材費を払ったから勉強しよう」「高い会員費を払ったからジムに通おう」みたいな自分の追い込み方ができなくなることである。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

資産運用に関する書籍を出版しました
資産運用に関する書籍を出版しました。タイトルは『運もお金もない人のための資産の増やし方』です。こちらからご購入いただけます。 Kindle Unlimitedの読み放題対象です。Ki...

コメント