格安、オンライン完結でスピーキングを含めたスコアの出るDuolingo English Testを受けてみた

スポンサーリンク

Duolingo English Testを受けてみました。

この記事の情報は記事執筆(2020年8月15日)時点や受験(2020年8月1日)時点に基づいているので、最新の情報はDuolingo English Testの公式サイトを参照してください。

スポンサーリンク

Duolingo English Testとは

Duolingo English Testは、Duolingoという外国語学習サイトを運営するDuolingoが始めた英語能力試験です。

リーディングとリスニングだけでなくライティングとスピーキングの四技能を含めたスコアを出すことができ、TOEFLやIELTSと比べて安く、家にいながら気軽に受験できるのが特徴です。

Duolingo English Testの値段

49ドルです。

1ドル100円とすると4900円、1ドル110円とすると5390円です。

受験前の入力画面にクーポンコードの入力欄があったので、配布されているクーポンがないか検索しましたが、特に見つけられませんでした。

Duolingo English Testの難易度

Duolingo English Testは全員が同じ問題を受験するわけではありません。

コンピュータベースの検定試験となっており、これまでの回答を基に問題の難易度が変化し、正解が多ければ難しい問題が出題され、間違いが多ければ簡単な問題が出題されるようになります。

Duolingo English Testの問題形式や内容、試験時間

Duolingo English Testはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの四技能を測ることができる検定試験ですが、問題形式はこの4つに分かれているわけではありません。

問題形式は7つありますが、一般的な試験では見かけないものもあります。

サンプルの練習テストを受験するのが最も問題形式を理解するのによいと思いますが、1つずつ簡単に説明します。

Yes/No (Text)

語彙を測る問題ですが、意味を答えるのではなく、単語のスペルを見て「その単語が実在するか」をYesかNoで答えます。

Yes/No (Audio)

単語の音声を聞いて、「その単語が実在するか」をYesかNoで答えます。

時間制限がありますが、音声は何度でも聞くことができます。

C-test

文章中の単語のスペルを穴埋めする問題です。

穴埋めする単語の長さによりますが、最初の数文字はあらかじめ記入されています。

その記入されている文字と文脈と文字数をヒントに、ふさわしい単語のスペルを入力します。

Elicited Speech

表示されている英文を声に出して読み上げます。

また、提示された画像を見て、その画像の単語を答える問題もあります。

こちらは制限時間が3秒と非常に短く、即答する必要があります。

Dictation

読み上げられる音声を聞いて、その文章を書き起こします。

時間制限があり、音声は3回まで聞くことができます。

Writing

質問に対して5分以内に50語以上の文章で答えます。

画像を見て、その画像を1文以上の英文で説明するタイプの問題もあります。

Speaking

30秒で課題のテーマを読んで準備し、1分30秒のスピーチをします。

問題文はリスニング形式のものもあります。

その他

なお、これらの形式の問題はここに書いた順番で出題されるわけではなく、様々な順番で複数回出題されます。

また、この他にビデオインタビューとライティングサンプルという問題があり、こちらはスコアには影響しませんが、スコアを提出した先の教育機関が確認することができるものです。

ビデオインタビューは2つのテーマから1つを選んでカメラに向かって1〜3分のスピーチをするもので、ライティングサンプルは2つのテーマから1つを選んで3〜5分のライティングをするものです。

この問題形式を見てお気づきかと思いますが、長文のリーディングやリスニングはないのが特徴です。

そのような問題がなくとも、統計に基づいた機械学習アルゴリズムによって採点できるそうです。

また、問題の難易度が最適な難易度に変化することもあり、試験時間は60分と短めです。

問題内容はTOEFLのようにアカデミックに偏っていたり、TOEICのようにビジネスに偏っていることはなく、一般的な内容です。

Duolingo English Testの日程

Duolingo English Testの公式サイトから、いつでもどこでも受験できます。

再受験の制限もないため、何度でも受験できます。

Duolingo English Testの結果はいつわかる?

テスト受験後48時間以内に登録したメールアドレスに結果が返却されます。

執筆時点では、新型コロナウイルスの影響で受験者が集中しているため、3日以内に返却される旨が記載されています。

Duolingo English Testのスコアの見方

総合スコアは160点満点で、5点刻みのスコアがつけられます。

細かいスコアは4つのサブスコアで確認することができます。

サブスコアはLiteracy、Conversation、Comprehension、Productionの4つに分かれており、こちらもそれぞれ160点満点です。

一般的な、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングに分かれていないのは、これらの技能はそれぞれ単独で使用されるのではなく、組み合わせて使用されるという考えからのようです。

Literacyはリーディングとライティングに、Conversationはリスニングとスピーキングに、Comprehensionはリーディングとリスニングに、Productionはライティングとスピーキングに対応しています。

Duolingo English Testのサブスコア
Duolingo English Test

総合スコアはサブスコアの平均ではありません。

それぞれのサブスコアの採点対象となる問題形式は、以下のようになっています。

Literacy: C-test, writing, yes/no (text)
Conversation: Speaking, dictation, elicited speech, yes/no (audio)
Comprehension: C-test, dictation, elicited speech, yes/no (text), yes/no (audio)
Production: Speaking and Writing

Subscores: Improving how we report Duolingo English Test results

TOEFLやIELTS、英検やTOEICとの換算表

公式サイトにはTOEFLやIELTS、CEFR(セファール:ヨーロッパ言語共通参照枠)との換算表が掲載されています。

TOEFLとの換算表

Duolingo English TestTOEFL iBT®
10-250
301
352-4
405-8
459-13
5014-19
5520-25
6026-31
6532-37
7038-43
7544-49
8050-55
8556-61
9062-67
9568-73
10074-79
10580-85
11086-91
11592-96
12097-102
125103-107
130108-112
135113-115
140116-118
145119
150-160120
Duolingo English Test

IELTSとの換算表

Duolingo English TestIELTS® Academic
101.5
152
20-252.5
30-403
45-503.5
55-603.5
65-704
75-804.5
85-905.5
95-1006
105-1106.5
115-1207
125-1307.5
135-1408
145-1508.5
155-1609
Duolingo English Test

CEFRとの換算表

Duolingo English TestCEFR
10-20A1
25-55A2
60-85B1
90-115B2
120-140C1
145-160C2
Duolingo English Test

英検との換算表

英検との換算表はありませんが、CEFRとの換算表があるため、CEFRと英検との換算表とも対応させることで、英検とのおおよその換算も可能だと考えられます。

Duolingo English Test英検
10-203級(英検CSE1400-1699)
25-55準2級(英検CSE1700-1949)
60-852級(英検CSE1950-2299)
90-115準1級(英検CSE2300-2599)
120-1401級(英検CSE2600-3299)
145-160なし
各資格・検定試験とCEFRとの対照表を基に作成

TOEICとの換算表

TOEIC Listening & Reading Test(いわゆるTOEIC)はスピーキングとライティングが含まれていないため(TOEIC Speaking & Writing Testsというのもありますが)、総合スコアでの換算はできません。

ただし、こちらもCEFRとの換算表を使うことで、技能毎のCEFRとの換算が可能だと考えられます。

Duolingo English TestTOEIC® ListeningTOEIC® ReadingTOEIC® SpeakingTOEIC® Writing
10-2060-10560-11050-8530-65
25-55110-270115-27090-11570-115
60-85275-395275-380120-155120-145
90-115400-485385-450160-175150-175
120-140490-495455-495180-200180-200
145-160なしなしなしなし
TOEIC® Program各テストスコアとCEFRとの対照表を基に作成

Duolingo English Testのスコアは海外の大学や大学院の留学に使える?

TOEFLやIELTSと比べると、非英語圏からの留学生の受験要件で使える英語能力証明には含まれない大学や大学院が多いですが、有名な大学や大学院の中にもDuolingo English Testのスコアを認めているところがあります。

留学のために使うなら、その教育機関の募集要項を事前に確認する必要があります。

コロナウイルスの影響でTOEFLやIELTSの受験が難しいこともあり、インターネットのみで完結し家から受験できる検定試験のニーズが高まっており、Duolingo English Testも認める教育機関が増えているようです。

コロナウイルスの流行期間中のみDuolingo English Testのスコアを認めるという教育機関もあります。

教育機関へは、受験費用以外の追加費用なしで何校でも受験結果を送ることができます。

受験費用も安いため、Duolingo English Testを認めている教育機関への受験を考えている場合は、Duolingo English Testの受験を第一に考えてみてもいいのではないかと思います。

Duolingo English Testの対策や勉強法

Duolingo English Test用の参考書というのはまだ存在しないようです。

公式サイトにサンプルとして無料練習テストという、本番より問題数少なめでおおよそのスコアの出るテストを受けることが可能です。

問題形式がやや特殊ということもあり、まずはこちらの練習テストを受験するのがいいと思います。

無料練習テストでわかるスコアは本番と違って幅のあるスコアで表示され、サブスコアはわかりません。

勉強法としては、公式サイトのFAQには

試験対策として特定の方法を推奨することはありませんが、スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングにおける総合的な習熟度を向上することをおすすめします。

Duolingo English Testにはどのような準備をしたらよいですか?

とありますが、私なりの対策を考えてみます。

Yes/No (Text & Audio)

意味はわからなくてもいいので、実在するかどうかがわかる単語を増やす必要があります。

単語帳や学習者向けの見出語の少ない辞書を発音記号も含めて眺め、見聞きしたことのある語彙を増やすことが対策になります。

また、接頭辞や接尾辞、スペルや発音のルールを覚えることで、英語にありそうな単語かどうかを判定しやすくなると考えられます。

C-test

コロケーションや前置詞などの典型的な表現を覚えることで、穴埋めの類推がしやすくなると考えられます。

また、頻度の高い語彙を中心に正しいスペルを書けるようにしておく必要があります。

Elicited Speech

ELSA Speakなどの発音矯正アプリで、発音やリエゾン、流暢さなどを磨くのが有効だと考えられます。

Dictation

1文単位のディクテーションの問題を解くのが練習になります。

Writing & Speaking

試験で出やすい典型的なテーマについて、TOEFL対策の参考書などを使って練習しておくのが効果的だと考えられます。

課題との関連性や流暢さ、文法と発音の正確さの他に、文法的な複雑さや語彙の洗練性・多様性、長さなども採点項目になっているので、勉強の段階からそれらを意識する必要があります。

受験時の心得

また、採点の仕方に関するFAQによると、

間違った回答を入力することよりも、質問をスキップすることの方が不利になります。空欄を埋める問題については、回答を空欄にしても、間違った回答をしても、受け取るスコアは同じです。リスニングと書き取りの問題では、間違った単語を入力するよりも、入力を省くことの方が不利になります。

Duolingo English Testはどのように採点されますか?

とあるため、受験時には時間をフルに使って、わからない問題もとりあえず回答しておくほうがスコアが高く出やすくなります。

Duolingo English Testのルール

身分証明書とインターネットに接続されたコンピュータが必要です。

身分証はパスポートや運転免許証、マイナンバーカードなどが使えます。

スマートフォンからは受験できません。

コンピュータにはマイクとカメラが必要です。

受験中にカンニングをしていないことを確認するために録画をされており、イヤホンやヘッドフォンもつけられません。

そのため、明るく静かな部屋で受験する必要があります。

受験中は画面を見ている必要があります。

スピーキングなどで話すことを考える時によそ見をできないのでやや辛いです。

タイピングの際にキーボードを見るのは問題ないようなので、タッチタイピング(ブラインドタッチ)はできなくても問題ありません。

コンピュータにスペルチェッカーやマウスオーバー辞書を入れている場合は、受験前にオフにしておく必要があります。

Duolingo English Testを実際に受けてみた感想

将来的に英語圏のオンラインの大学や大学院の受験を考えていて、またこれからオンライン英会話を始めようと思っており学習開始前の能力を確認するため、2020年8月1日に受験しました。

身分証明書は免許証、コンピュータはMacbook Air、ブラウザはChrome(拡張機能はすべてオフ)、ネット環境はRakuten UN-LIMITのスマホからのテザリングで問題なく受験できました。

問題形式は公式サイトで無料で受験できる練習テストと同じでした。

問題数はサンプルより多く、必要事項の入力など含め大体1時間弱かかりました。

Yes/Noの単語の確認は、迷うものが多く、迷った時はどちらにつけるほうがスコアが高くなりやすいのか気になりました。

受験中に一度姿勢を変えた際にカメラの撮影角度から外れてしまったのですが、その際に回答途中だった問題が別の問題に替えられました。

スピーキングでは考えている最中も常に視線を画面に向けられていたか自信がないですが、特に何もなかったので、そこまで厳格ではないようです。

ライティング中に一度、一文字で入力できるように辞書登録していたメールアドレスが表示されてしまったのですが、これも特に問題ありませんでした。

スピーキングでは、あまり考えないようなテーマの問題もあり、英語以前に話す内容を考えるのに苦労しました。

公式サイトのトップページには、受験が集中しているため3日以内に結果が返却されるとありましたが、受験後の画面とメールには48時間以内に結果を返却と表示されていました(トップページだけしか修正していないのか、その時の受験者数に合わせて受験後画面の内容を変えているのかは不明)。

2020年8月1日の23時頃に受験終了し、2020年8月3日の2時半に採点終了のメールが来ました。

受験終了から27時間半ほどで結果が返却されたことになります。

私の結果はこんな感じでした。

Duolingo English Testの受験結果スコア

換算すると、CEFRでB2、TOEFL iBT®で74〜79点、IELTS® Academicで6.0、英検準1級、TOEIC® Listening & Reading Testで785〜935点(TOEICはスピーキングとライティングがないですがDuolingo English Testの総合スコアから無理矢理換算)に相当します。

単語学習をしたり英語を読んだりはたまにするものの英会話は苦手なのが、ConversationとProductionが弱いことに表れています。

これからはスピーキングについても学習していく予定なので、再受験の予定はまだ決めていませんが、このスコアがどう変化していくか楽しみにしています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

資産運用に関する書籍を出版しました
資産運用に関する書籍を出版しました。タイトルは『運もお金もない人のための資産の増やし方』です。こちらからご購入いただけます。 Kindle Unlimitedの読み放題対象です。Ki...

コメント